おかめさんのキネマ手帖

映画の予備知識は限りなくゼロに近いのが理想や。 そう思うてるライトユーザーなオバハンがつぶやく ぼちぼちな映画日記やで。

イケメン

クリムゾン・ピーク

吹く風心地よい薄曇りの一日。 映画「クリムゾン・ピーク」を観た。 紅く血に染まった右手を茫然と見つめる若い女性。頬には刀傷がある。いったい彼女に何があったというのだろう。そんな謎めいたシーンから物語は幕を開ける。 時は19世紀後半。ここはニュー…

遥か群衆を離れて

ぼんやりと薄日の差す穏やかな一日。今朝は冷え込んだようで、いつもより空気がひんやりとしていた。2週間ほど前に植えた再生ねぎの生育がいまひとつだ。根を長いままにせず、もっと切り詰めた方がよかったのかもしれない。 映画「遥か群衆を離れて」を観た…

ドクター・ストレンジ

日差し暖かな晴天の一日。桜の木々も新緑の若葉になり、通りの様相がガラリと変わった。 映画「ドクター・ストレンジ」を観た。 ここニューヨークに、凄腕の脳神経外科医がいる。他の医師なら諦めてしまうような患者でも、彼のゴッドハンドに掛かれば見事に…

リリーのすべて

冷たい風に震えていた先週は何だったのだろう。今日は上着もいらないほどのぽかぽか陽気。わずか一週間で季節が入れ替わってしまった。 映画「リリーのすべて」を観た。 緑豊かな丘陵が広がるデンマークはヴァイレの光景から物語は幕を開ける。 時は1926年。…

高慢と偏見とゾンビ

穏やかな晴天の一日。いよいよ大相撲春場所が昨日から始まった。贔屓の照ノ富士が盛り返してくれるかしら。取り組みを温かく見守っていきたい。 映画「高慢と偏見とゾンビ」を観た。 18世紀末。時の英国ではゾンビウイルスが蔓延。爆発的に増え続けるゾンビ…