おかめさんのキネマ手帖

映画の予備知識は限りなくゼロに近いのが理想や。 そう思うてるライトユーザーなオバハンがつぶやく ぼちぼちな映画日記やで。

VR ミッション:25

ぽかぽかと暖かい日差しが降り注ぐ晴天の一日。 映画「VR ミッション:25」を観た。 モニター上にはおなじみのサバイバルシューティングゲームが展開している。スコアランキング上位者を抽出し、そのプロフィールにアクセス。条件適合者に次々とメールが送ら…

跪く女

空気はやや冷たいが、穏やかな晴天の一日。フウセンカズラを引っこ抜き、放置したままのプランターの土にせっせとふるいをかけた。目の細かいふるいで大粒を選り分け、最終的に料理用の細かいふるいで微塵を抜く。全身土ぼこりだらけになりながらも、童心に…

バンク・ジョブ

思いのほか晴れず、曇りがちな一日。オレンジの幼木が春枝をにょきにょき伸ばし始めた。そこで、冬の間、室内に取り込んでいたアルテシーマゴムやヘデラと共にベランダに出してやることにした。ベランダは賑やかになったものの、緑がごっそりなくなったせい…

ハッピーボイス・キラー

ぽかぽかと暖かな晴天の一日。花粉が盛大に飛び始め、ついに窓が開けられなくなった。 映画「ハッピーボイス・キラー」を観た。 工場の煙突からもくもくと黒煙がたなびく。ここ田舎町ミルトンのバスタブ製造会社に勤める青年がいる。入社間もない彼は、精神…

フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争

ぼんやりと薄日の差す一日。日中はだいぶ暖かくなり、春を感じる空気になってきた。そこで、去年差し芽で更新したスペアミントとレモンバームの植え替えをした。ミントの根っこは冬でも成長すさまじく、鉢の縁に沿うようにとぐろを巻き鉢底石も覆いつくす勢…

アイデンティティー

春のような風吹く曇り空の一日。確定申告の受付が始まった。e-Taxだスマホ申告だとあれこれ宣伝をしているわりに税務署の混み様は例年と変わらず。 映画「アイデンティティー」を観た。 日も落ちた裁判所に激震が走る。事件の証拠となる資料が新たに見つかり…

レイルウェイ 運命の旅路

冷たい風吹く薄曇りの一日。 映画「レイルウェイ 運命の旅路」を観た。 時は1980年。ここは英国ベリック・アポン・ツイードある退役軍人クラブ。離れた席でひとり列車の時刻表を指でなぞっている初老の男がいる。時刻表を読み込む彼は鉄道愛好家のようだ。そ…

ワイルドガン

引き続き日差しなく冷えびえとした空模様。手袋をした手もかじかむ一日。 映画「ワイルドガン」を観た。 気も狂わんばかりに叫ぶ女の姿。その両手は鮮血に染まり、男が傍らでぐったりと横たわる少年を抱きかかえている。いったい彼らに何があったというのだ…

マネキン

曇りがちで気温上がらず、空気の冷たい一日。本日最終日を迎えたバレンタインフェアは盛況なようで、山積みだった高級チョコの箱がだいぶごっそりと減っていた。 映画「マネキン」を観た。 遥か昔の古代エジプト。ミイラに扮して墓所に隠れている若い女のも…

フューリアス 双剣の戦士

日差しのありがたみを感じる晴天の一日。シャーレーポピーが思いのほかたくさん発芽し、いよいよ6号鉢が手狭になってきたので思い切ってプランターに移植した。この寒空の中での移植が吉と出るのか、凶と出るのか。しばらく様子を見てみよう。 映画「フュー…

FLIRT フラート

ぽつりぽつりと雨がぱらつく寒空の一日。冷え込み厳しく各地から雪の便りが届く。 映画「FLIRT フラート」を観た。 時は1993年、ニューヨーク。付き合って半年。これから仕事でパリへ発つ恋人がいう。 ねえ、わたしたちの間に未来はある? 男は答えられず、…

恐怖

引き続き雲優勢の空模様。気温上がらず寒い一日。立春を過ぎ、植物たちも冬眠から目覚め始めたようだ。連日の冷え込みもものともせず、オレンジの苗木の先端から新芽が吹き始めた。 映画「恐怖」を観た。 雪山を望む湖畔。岸辺には捜索隊が駆けつけ、やけに…

フランソワの青春

日差しなく、冷え込み厳しい一日。 映画「フランソワの青春」を観た。 四方に広がる田園風景を望むツリーハウス。少年が懐に抱え込んだ白いウサギをなでている。おや、その手の平にはサインペンで妖怪が描き込まれているぞ。ガラクタを集めて創作した品々が…

レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

厚い雲が空を覆う、どんより暗い一日。 映画「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」を観た。 時は50年代。ニューヨークのパーティで若い二人は出会った。女は女優を目指し、男は未来を模索中だという。夢と可能性に満ちあふれたこの美男美女はたち…

若き人妻の秘密

朝からしとしと雨降りの一日。先日、LIXILの会長が日本は破綻すると言い放ったという。納税をしない云々は企業の社会的貢献という観点からすれば問題だが、この意見に関しては正論ではないかと思う。重税と不正が平然とまかり通り、真面目に生きている者が損…

アルコール夜通し転宅

天気は一転、朝からどんより暗い雨まじりの一日。 映画「アルコール夜通し転宅」を観た。 ここは酒場の入り口。人待ち顔に佇んでいる二人の男がいる。だぶだぶの服を着たルンペン男と、もう一方はシルクハットのお洒落な気取り屋だ。 そこへおなじみのちょび…

残穢 住んではいけない部屋

一月も残すところあと一日となった。仕舞っていた節分用の飾りを出すのをすっかり忘れていた。日差しのありがたみをひしひしと感じる晴天の一日。 映画「残穢 住んではいけない部屋」を観た。 ここに、読者から送られてきた怖い体験談を集め、編纂するのを生…

ポランスキーの欲望の館

日差しが足りず、建屋のコンクリートがすっかり冷え切っている。寒空続きの一日。 映画「ポランスキーの欲望の館」を観た。 ゴンドラの向こうは異世界でした。 暗い山道を一台の車が行く。賑やかなイタリア男らに混じって、世界をヒッチハイクで旅する冒険好…

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

冷たい北風に乗って雪がちらつく極寒の一日。 映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」を観た。 あなた、ぜんぜん気づいてないでしょ。冷蔵庫が2週間も前から水漏れしてんのよ。ねえ、直しといてよ。 ハンドルを握る妻のぼやきを、助手席で曖昧な笑み…

ハンガー

北部では雪になるという。午後になって、にわかに空が暗くなってきた。引き続き冷え込み厳しい一日。 映画「ハンガー」を観た。 青いライトが照らし出すニューヨークのクラブ。グラムロックなファッションに身を包んだ客が入り乱れる中、獲物を探すミステリ…

新感染 ファイナル・エクスプレス

冷え込み厳しい、やや曇りがちな一日。先月あたりからぽつぽつと咲き始めたカランコエが満開を迎えた。今年は肥料をほとんとやらなかったがそれでも花の付き具合に変わりはなく、アブラムシの被害も受けていない。カランコエは肥料をあまり必要としないのか…

クローサー

曇りがちな寒空の一日。汲み置き水の入れ替えをした。震災以降の習慣だ。寒の水は腐りにくいと言うが、ひと月を過ぎれば飲料には向かない。それでも未開封のペットボトルとは別に、年に数回ダンボール数箱分を汲んでおく。濯いだり汲んだりとなかなか面倒な…

赤い部屋の恋人

雲間からこぼれる日差しがありがたい、空気の冷たい一日。バレンタインのチョコレートが店頭に並び始めた。 映画「赤い部屋の恋人」を観た。 ブルックリン橋にエッフェル塔、スフィンクスや自由の女神が混在するラスベガスの街。案内された瀟洒なホテルの部…

ゾンビ・サファリパーク

寒風吹きすさぶ晴天の一日。冷たい風のおかげで体感温度はいつもに増して低め。横綱 稀勢の里が昨日引退を表明した。番付を落としてもまだまだ活躍できる力士だった。背負うものがあまりに大きすぎた。横綱でさえなければと悔しく思う。 映画「ゾンビ・サフ…

木靴の樹

穏やかな晴天の一日。春の統一地方選を見据えた政党の街宣車が朝から通りを行く。大阪都構想には大いに賛成だが、庶民の暮らしにあまり関係無さそうな統合型リゾートや万博といった事業は頂けない。これまで大阪維新一択だったが、今度の選挙は難しい選択に…

薄氷の殺人

空気が冷たい曇りがちな一日。12月上旬まで暖かかったせいもあり、シャーレーポピーの種を蒔いた鉢に緑の葉がたくさん出ている。こんな寒空に枯れてしまったりしないだろうか。不安に思うなか、歩道の植え込みの根元をふと見ると、同様に緑の葉がわしゃわし…

父 パードレ・パドローネ

手袋をした指がかじかむ。北風が一段と冷たい一日。 映画「父 パードレ・パドローネ」を観た。 手折った樹木の枝葉をナイフで器用にそぎ落とす男がいる。35歳になる彼の名は、ガビーノ・レッダ。読み書きすらできない男であったが、今では言語学者にして人気…

ゴッド・オブ・ウォー 導かれし勇者たち

冷たい風吹く晴天の一日。 映画「ゴッド・オブ・ウォー 導かれし勇者たち」を観た。 国民の半数を死に至らしめた黒死病が猛威を振るう、時は1348年。修道院があるここステーヴリーも、運び出すのが間に合わないほどの遺体が道端に横たわり、町全体が耐え難い…

ペイチェック 消された記憶

朝からどんより薄暗い空模様の一日。米津玄師に始まった亥年。情緒ある詩が楽曲の向こうの物語にぐっと惹き込む。忘れられない一曲になりそう。 映画「ペイチェック 消された記憶」を観た。 ここはハイテク企業の新製品発表会。半身がモニターからせり出した…

イカサマ貴婦人とうぬぼれ詐欺師

朝からどんより雨まじりの一日。迎春用のかまぼこが店の売り場を占拠し始めた。例年だとクリスマスが終わったタイミングのはずだが、今年はちと早いのか。 映画「イカサマ貴婦人とうぬぼれ詐欺師」を観た。 時は19世紀。ここは男性客で賑わうサンフランシス…