おかめさんのキネマ手帖

映画の予備知識は限りなくゼロに近いのが理想や。 そう思うてるライトユーザーなオバハンがつぶやく ぼちぼちな映画日記やで。

マジック・マイク

大荒れの昨日とは打って変わって天気は回復。
暖かく穏やかな晴天の一日。

映画「マジック・マイク」を観た。

妖しげなスポットライトが照らし出すステージ。

おさわりは基本的にダメだよん。

熱狂する女性客を煽るように、半裸のダンサーが観覧ルールのおさらいをする。
そんな男性ストリップ劇場から物語は幕を開ける。

ここはフロリダ州の海沿いの町タンパ。
アメフトの奨学生で入った大学を中退し、自分探しをしている19歳の青年がいる。

自由を愛する彼は、ネクタイを締めるような仕事はまっぴらご免だという。
プロゲーマーか声優になりたい。
そんな現実味のない夢を語る弟を、一緒に暮らす姉は心配げな面持ちで見つめている。

バイト先の建築現場も、些細な誤解から初日でクビになってしまった。
世渡り下手なのか、はたまた運が悪いのか。

でもね、その現場で若手の瓦葺職人に出会った。
彼は起業家で手広く商売をやっており、瓦葺も仕事のひとつに過ぎないのだという。

へー、何の特技もない自分とはえらい違いだ。
面倒見がいい彼を、尊敬の眼差しで見つめる青年。

ほどなく青年は連れられて行った店で彼のもうひとつの顔を知る。
それは冒頭の男性ストリップ劇場。
彼はマジック・マイクのステージネームを持つ、劇場のメインダンサーだった。

うお、ストリッパーかあ。

女性客が熱狂する場の空気に怯んだものの、ちょっとしたアクシデントから急遽飛び入りでステージに立ったことがきっかけで、青年の中の何かが目覚めた。
ここにようやく自分の居場所を見つけたような気がしたのだ。

地に足の着いた仕事を望む姉は良い顔をしないが、建築現場とはまるで稼ぎが違う。
しかも女にモテモテだ。
ショーの練習は厳しいが楽しい仕事ではないか。

とはいえ、酒に女にクスリにと誘惑が多い世界。
まだ自制心のない青年には危うい。
それに容色を売りにした商売は、若さという期限付きだということも忘れてはいけない。

青年をこの道へと招いたマジック・マイクもまた、堅実な人生を望みながらも得られず、ストリッパーという仕事で糊口を凌ぎ、もがき続けているひとりであった。

物語は、過激なショーをまじえながら、男性ストリッパーの世界に生きる若者たちの紆余曲折を描くヒューマンドラマ。

いったん社会のレールから外れてしまうと夢を叶えるのは難しい。
青年に、生き辛さを感じている自身の姿を投影するマジック・マイク
成功への階段を駆け上がってゆく「チョコレート・シティ」とはだいぶ趣が異なり、社会に搾取される若者たちの悲哀を滲ませている。

まっとうに生きたい。
そんな若者たちの切実な思いが伝わってくる一作。

役柄に合わせて鍛え上げたマシュー・マコノヒーのセクシーな肉体美が見どころ。

「TIME/タイム」のアレックス・ペティファー
エンド・オブ・ウォッチ」のコディ・ホーン、
フォックスキャッチャー」のチャニング・テイタム
マシュー・マコノヒー
マット・ボマー
ジョー・マンガニエロ
「きのうの夜は・・・」のアダム・ロドリゲス
ジョン・ウィック」のケビン・ナッシュ
ガブリエル・イグレシアス、
「クレイジー・パーティ」のオリヴィア・マン
ライリー・キーオ共演。

原題「MAGIC MIKE」
2012年 制作。
R-15+