おかめさんのキネマ手帖

映画の予備知識は限りなくゼロに近いのが理想や。 そう思うてるライトユーザーなオバハンがつぶやく ぼちぼちな映画日記やで。

オー・ブラザー!

朝晩の空気がすっかり秋の爽やかさ。
雨のぱらつくどんよりとした空模様の一日。
ローズマリーの葉にゴミのようなものが付着している。
洗濯物の糸くずかと思いきや、おやおや薄紫の花ではないか。
小さな苗から2年と3ヶ月。
熱風も寒風も耐え抜いてきた我が家のローズマリーにようやく花が咲いた。

映画「オー・ブラザー!」を観た。

時は大恐慌の頃。
ここミシシッピ州では、足枷をはめ縞々の服を着た囚人たちがリズムに合わせ槌を振り上げ、石を砕いて道路を均している。
おや?
銃を構えた看守らの目を盗み、逃げ出した三人組がいるぞ。

三人一組で鎖に繋がれた彼らは、道路わきの綿花畑を巧みに身をかがめて駆け抜け、まんまと逃げおおせた。

彼らが脱獄したのには理由があった。
三人のうちのひとり、やたらとポマードの銘柄やヘアースタイルにこだわる伊達男。
こいつが盗み出した宝をある場所に埋めたのだという。
ところが州の電力をまかなうダム開発で、近々そこが水底に沈んでしまうというのだ。
ダムの完成まであと4日。
それまでに120万ドルのお宝を掘り出さねばならない。

とはいえ三人一組で鎖に繋がれているものだから、ひとりだけ逃げ出すというわけにはいかず。
そこで伊達男、宝の山分けを条件に二人を誘い出したというわけだ。

やがて線路に出た彼らは、運良く老いた盲目の黒人が動かすトロッコに乗せてもらった。

君らは宝を探しているね。
宝は見つかるが目当てのものとは違うよ。
これから先、危険に満ちたとても長く辛い旅路が待っているだろう。
だが恐れることはない。
運命が褒美を保障してくれている。
歩むのだ。
人生の救いにたどり着くまで。

老人は彼らに予言めいたことをいう。
はて?
なんでじいさん宝のこと知っとるんやろ?

老人と別れた彼らは、盗みを働きポマードや車を調達しつつ宝を目指す。
道中、途方に暮れていたギター弾きの黒人青年を拾った。
なんでも、行けばカネがもらえるという話を聞き、地元のラジオ局を目指しているという。

彼らもちょうどカネに困っていた。
そこで青年と一緒に「ずぶ濡れボーイズ」を名乗り、ラジオ局になだれ込んで懐メロを披露。
小遣い稼ぎがてら録音されたこのレコードは思いのほか出来が良く、たちまち地元のヒットチャートに乗り、「ずぶ濡れボーイズ」は旅路を急ぐ彼らの与り知らぬところで独り歩きし始めるのだった。

ずいぶんのらりくらりとした道中だが、果てさて彼らは無事お宝までたどり着くことができるのだろうか。

物語は、時代の風刺を効かせ、宝を目指して放浪する囚人たちの旅路をコミカルに描いたミュージカル風ロードムービー

拠り所を求めて彷徨う彼らの姿を通して世の真理を見せ付ける。
神は奇跡を起こしたり信心を問うものではなく、もっと普遍的な存在だと物語はいう。

場当たり的な展開にだいぶ振り回されるが、絶妙な間の取り方や台詞の応酬が秀逸。
くすっと笑える小技が効いており、大きな笑いこそ巻き起こらないもののコメディとしては上々。
笑いのツボにはまる侮れない一作。

マネーモンスター」のジョージ・クルーニー
トランスフォーマー」のジョン・タトゥーロ
「フライペーパー!史上最低の銀行強盗」のティム・ブレイク・ネルソン、
「ハプニング」のフランク・コリソン、
クイン・ガサウェイ、
クリス・トーマス・キング、
チャールズ・ダーニング
デル・ペンテコスト、
「バーバー」のマイケル・バダルコ、
「かけひきは、恋のはじまり」のウェイン・デュヴァル、
10 クローバーフィールド・レーン」のジョン・グッドマン
ホリー・ハンター
ミア・テイト、
ムセッタ・ヴァンダー、
クリスティー・テイラー共演。

原題「O BROTHER,WHIRE ART THOU?」
2000年 制作。