おかめさんのキネマ手帖

映画の予備知識は限りなくゼロに近いのが理想や。 そう思うてるライトユーザーなオバハンがつぶやく ぼちぼちな映画日記やで。

ドラゴン・ブレイド

ぽかぽかと暖かな晴天の一日。

映画「ドラゴン・ブレイド」を観た。

時は紀元前50年。
交戦中にローマの軍隊が消え、中国のシルクロードでその痕跡が見つかった。
そんな前置きから物語は幕を開ける。

ここはシルクロードの漢が支配する国境付近。
睨み合う二つの騎兵軍団がある。
一触即発の雰囲気の中、両者の間に立ち、争いを仲裁する男がいる。

彼こそは民族の融和とシルクロードの平和、平等を唱える国境警備隊の隊長だ。
この広い砂漠には36もの部族が点在している。
部族間の争いを回避し、帝都に繋がる街道の安全を守るのが彼の務めだ。
部下思いで仲間の信頼篤い、よき男であった。

さて、そんな彼が、このたび悪い地方長官に無実の罪を着せられ、率いる警備隊ごと雁門関へ送られてしまった。
終身刑として崩壊しかけた砦の再建に労役させられるのだ。

その雁門関に、砂漠の向こうから突如現れたのがローマの兵団であった。
雁門関は労役にあたる奴隷ばかり。
対して、ローマ軍は砦を落とす気満々のようだ。
万事休すッ。

停戦交渉の任に当たった隊長は、このローマ軍の異変に気づいた。
兵士たちは疲弊しきっている上に、衰弱した子供を連れているではないか。
なにやら事情を抱え放浪中にある彼らは、身を休める場所を求めているようだった。

砂嵐が迫っていたこともあり、ここは戦などしている場合ではない。
そこで、ローマ兵団を砦に招き入れることにした。

このやんごとなき子供は、ローマ執政官の末子。
謀反を起こした兄に殺害されかけたところを、忠義に篤い将軍率いる兵団に守られ命からがら逃亡してきたのだ。
義を重んじる者同士、隊長はこのローマの将軍にシンパシーを覚えた。

こうして戦は回避できたものの、一難去ってまた一難。
例の悪い地方長官の命で、砦の再建を15日のうちに終わらせよというではないか。
さむなくば命が危うい。

そこで恩返しとばかりに助っ人を買って出たのが、つかの間の休息を与えられたローマ兵団だった。
ローマの高度な建築技術はすばらしく、あれよあれよという間に砦は完成。
皆がそれぞれに描いた旗が掲げられ、雁門関は民族や人種を超えた一体感に沸くのだった。

ああ、友情ってイイネ。

でもね、和をもって貴しとなすのが人間なのだとしたら、その逆もしかり。
欲に溺れて修羅の道を行くのもまた人間であった。

ローマ軍はシルクロードを越え、漢にまで達していた。
物語は、そんなエピソードをもとに、人種や民族を超えた篤い友情を描くスペクタクルアクション。

どこまでが史実でどこまでが虚構なのか分からない、とてもざっくりとしたストーリー展開。
随所にカンフーアクションを取り入れ、時に笑いをまじえて軽快に、時に情感たっぷりに描いてゆく。

やや重厚さ欠けハリボテ感は否めないが、それはご愛嬌。
要所要所の見せ場を盛り上げる演出でカバーしている。
起伏ある娯楽作品として楽しめた一作。
エンドロールのメイキングも見逃せない。

レイルロード・タイガー」のジャッキー・チェン
リン・ポン
ミカ・ウォン
墨攻」のチェ・シウォン
シャオ・ヤン
ワン・タイリー
「セル」のジョン・キューザック
ジョゼフ・リュウ・ウェイト
「心霊ドクターと消された記憶」のエイドリアン・ブロディ
ロリ・ペステ共演。

原題「天将雄師」
2015年 中国、香港 制作。
PG-12