おかめさんのキネマ手帖

映画の予備知識は限りなくゼロに近いのが理想や。 そう思うてるライトユーザーなオバハンがつぶやく ぼちぼちな映画日記やで。

ロブ・ロイ ロマンに生きた男

バケツをひっくりかえしたような雨から一夜明け、ようやく日が出てきた。
ひんやりした風吹く一日。

映画「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」を観た。

17世紀末、飢饉と疫病と強欲な貴族から逃れ、多くのスコットランド人は新大陸へ渡った。
だが一方で、崩壊する祖国に留まり、誇りと名誉に生きた者もいた。
そんな前置きから物語は幕を開ける。

時は1713年。
起伏ある緑の大地が続くここはスコットランドのハイランド(高地地方)。
キルトを纏った男たちの一団が行く。
彼らは、地元の村人たちで構成された自警団。
このあたりに領地を持つ侯爵から依頼を受け、牛を盗んだ窃盗団を追跡している。

王侯貴族は政争に明け暮れ下々の暮らしなど無関心。
政治が機能しないため民は貧しく、その貧しさがゆえにこういった犯罪に走ってしまうのだ。

なんとかせなあかん。
食べるものにも事欠き、このままでは村人は厳しい冬を越すことすら出来ない。
村人たちの面倒を見ている自警団のリーダーにして地元名士の男は考えた。

ハイランドの外へ行けば牛は2倍の値で取引されるという。
そこで300頭の牛を買い、その群れを引き連れてカーライルまで売りに行く。
牛の元手となる千ポンドを侯爵から借り入れても、これなら商売として十分に成り立つ。

こうして彼は、自身の土地を担保に侯爵に借金を願い出るのだった。
なんと、貴族は小作人からの上がりだけでなく貸金業でも儲けていたのか。

さて、仕事柄、それを知った侯爵の家臣。
侯爵のもとに居候している、遊び人で金遣いの荒いイングランド貴族の私生児にささやく。

千ポンドというそこそこまとまった金が動きますぞ。

なんてこと。
民の生活がかかっているカネを、遊び金欲しさに貴族が奪うというのか。
さあ、一体どうなってしまうのだろう。

物語は、イングランド貴族の理不尽な仕打ちに戦いを挑む、誇り高きハイランダー ロブ・ロイ・マクレガーを描いたヒューマンドラマ。

庶民を取り巻く厳しい状況と、貴族の優雅な暮らしぶり。
そのあまりの落差に眩暈がする。

片や仲間の信頼篤い誇り高きハイランダー
片やイングランドの歪んだ貴族社会が生み出したモンスター。
社会に対する義憤みなぎる、両者の魂をかけた激突が見どころ。

貴族を相手に勝ち目のない戦に身を投じる「バトル・オブ・ライジンコールハースの戦い」と同じく、庶民のやるせなさがひしひしと伝わってくる一作。
ロマンという響きはあまりしっくりこない。
誇りと信念に生きた男のほうが相応しいように思う。
くそ憎たらしいティム・ロスが実にはまり役。

「沈黙 サイレンス」のリーアム・ニーソン
グレイ・ガーデンズ 追憶の館」のジェシカ・ラング
天国の門」のジョン・ハート
「ワイルドガン」のブライアン・コックス
「宮廷料理人ヴァテール」のティム・ロス
バタフライ・エフェクト」のエリック・ストルツ
ブライアン・マッカーディー
ギルバート・マーティン
ヴィッキー・マッソン
アンドリュー・キア共演。

原題「ROB ROY」
1995年 アメリカ、イギリス制作。